運行管理者について

運行管理者は、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。
自動車運送事業者は、一定の数以上の事業用自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者を選任する必要があります。

基礎講習

運行管理を行うために必要な法令および業務等に関する必要な基礎知識の習得を目的とされる方が対象です。
基礎講習を受講することにより、「運行管理者試験」の受験資格を得ることができます。また、基礎講習を修了した方を運行管理者の「補助者」に選任することができます。
法改正により、運送事業者において新たに運行管理者に選任され、 過去に一度も基礎講習を受けていない場合は選任届出をした年度内に、基礎講習を受講することが義務付けられました。

講習時間16時間(3日)
手数料¥8,700(税込)
企業講習学科風景

一般講習

企業講習学科風景

既に運行管理者として選任されている方は、2年ごとに1回の受講が義務付けられています。また、新たに運行管理者として選任された方は、年度内に受講する必要があります。

講習時間5時間(1日)
手数料¥3,100(税込)

お問い合わせ

各県トラック協会会員事業所様は協会より講習料金の助成がある県もございます。詳しくは所属する県トラック協会へご確認ください。

総合交通教育センター
ドライビングアカデミーONGA

tel 093-293-2359(センター直通)
fax 093-293-2427
email da-onga@sunsunschool.co.jp